無垢フローリング

Solid parquet flooring

厚さ30mm + 床暖房対応の無垢フローリング。
ずっと触れていたくなるほど心地良い無垢の床に、床暖房を採用してぬくもりをプラス

木は、乾燥すると収縮します。住宅として最適なはずの木材にも、中には反ったり、ねじれたり、割れたりするものがあります。これは木材に含まれる水分量の変化が主な原因。木材に、水分を吸収すると膨張し、乾燥すると収縮しようとする性質があるためです。

安心できる住まいづくりのためには、
十分に乾燥させた木材を使用することが不可欠です。

紀州国土建設では、細胞の保湿力が高い性質を持つパイン材(赤松)を使用。自社乾燥機にて無垢床材を室内平衡含水率5~10%まで乾燥させることで、『 温水床暖房を使用しても反ることのない床材 』 を実現しました。

また、素足でいても、無機質な冷たさを感じることはなく、やわらかい温かみと特有の弾性が、足元に心地良さを感じさせてくれます。 節・木目が美しく、重厚感があり、時間の経過に伴い味わいのある深い色合いに変化します。

家族みんなが1年中快適に暮らせるように、
夏はサラサラ、冬はポカポカ気持ちいい環境を。

実際は

歩行感や触感に劣り、ささくれや割れが起こった際に子供の足を傷付ける恐れがある硬木の広葉樹が床暖房に使われている

原因

コスト実現の為の海外生産

乾燥工程が唯一の性能確保の手段である床暖対応針葉樹無垢フロアーは、海外での乾燥技術や輸送時の湿度変化でその性能を担保できない。

生産から施工までを管理し、価格と品質の両立を実現。

本来、中間流通会社により製造コスト・マージンがかかり、価格が上がります。しかし、住宅会社である紀州国土建設が直接製造することで、コストを抑えられ、通常フロア並みの価格で標準仕様として提供できます。

塗料には、無垢フローリングの心地よさを存分に引き出す
人と自然にやさしいものを使っています。

植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物性ワックスからできた自然塗料を使用。
表面に塗膜を張るのではなく、内部に深く浸透することによって木本来の調節機能を発揮することができます。
化学物質を一切含まず、食品と同レベルの高い安全性を誇ることから、小さなお子様のいるご家庭でも安心。
木の心地よさを存分に引き出す、人と自然にやさしい塗料です。

“実感”が家づくりの最大のヒントに。

SG工法で安心・安全な住まいを。

他の床材とのちがいや、同じ無垢材同士のちがいを全て本社ショールームでご体感いただけます。お気軽に来場ご予約・お問い合わせください。

お電話でのご相談

073-426-5669

受付時間:10:00〜17:00

WEBで来場予約

国土建設株式会社

和歌山・南大阪の注文住宅・リフォーム

お電話でのご相談はこちらから

073-426-5669
受付時間:10:00〜17:00