素足の民家
家の中心
家族が集まるリビングとダイニングは家の中心。木の香りと珪藻土の白い壁が自然素材の心地よさと安心感を醸し出す広々としたLDKが仕上がりました。対面カウンター式キッチンとしては斬新な畳の間。赤ちゃんを寝かせておいたり、おむつ替えなどに重宝します。また、収納式の掘こたつは成長に合わせて空間が変化します。
エントランス(ESC)
玄関は吹き抜けの大空間を演出し、天井まで伸びる磨き丸太の大黒柱。木にこだわる国土建設の「自然に親しんでほしい」という表現です。
玄関に入ると壁で仕切られたESC(エントランス・サイド・クローゼット)がある空間。ベビーカーや子供の成長とともに増えてくる靴など、そんなごちゃごちゃをすっきり収納してくれます。
隠れ家(ロフト)
自分のスペースを欲しがっているのはパパも同じ。ホビールームや書斎としての静かな空間です。子供の成長とともに、収納が足らなくなれば屋根裏収納としても使えます。

注文住宅:素足の民家

注文住宅:素足の民家

■主な外部仕様

■主な外内部仕様

ゆるやかな住まい

ページトップへ